私立高校に入学するとなると多額のお金がかかりますので、早いうちからの貯金が必要です

MENU

教育資金の貯め方

子どもにかかる教育費は、莫大な金額となります。幼稚園もしくは保育園から大学卒業まで…トータルで1千万を軽く超えるというのですから相当な金額です。しかも、年齢が上がるほどかかる費用も高額となっていきますので、私立高校受験を考えているのであればなおさら。早いうちからの準備が必要となるのです。

 

教育資金にかかるお金は大学が一番高く、その次に私立高校となります。小学校と中学校は義務教育期間なので、私立に行かなければそこまで負担にはならないもの。私立高校だけを考えていればいいわけではないので、特に大学と高校費用の用意に力を入れるようにしたいですね。

 

貯める時期については、もう生まれた時にはコツコツとやっておいたほうが負担も軽くてすみます。中学まで公立だった場合は、貯金も比較的しやすいものといえるでしょう。児童手当をもらっている人の場合は、それを将来の教育資金としてキープしておくといいですね。

 

中学から私立を希望する場合は、中学受験対策などにもお金がかかってくることになり、その費用はざっと見積もっても100万円はかかるものとなっています。生まれたらすぐにでも貯金を開始しないと、いずれはお金が足りなくなる事が考えられます。なにせ、子どもを育てるのにはいろいろとお金がかかるようになるのですから…。

 

ちなみに、教育資金の貯め方としては、「さぼらない」「使い込まない」がポイント。そして、コツコツと積立ていくことを意識します。教育費の貯金に関しては金融商品なども用意されているので、性格やライフスタイルに合わせて選ぶようにするといいでしょう。


天引きか?金融商品の活用か?子どもの口座貯金か?

教育費の貯金としては、主に以下の方法があります。

 

・給料から天引き
・保険料といった金融商品の活用
・子ども名義の口座を作って、毎月決まった額を入金

 

どの方法をとるかは、性格とライフスタイルによって決めると失敗する事も少なくなります。

 

お給料から天引したい場合は、職場に一般財形・住宅財形制度があるかどうか確認しましょう。給料から天引きで自動的に引かれるので、確実に貯める事ができます。申し込みや解約などに面倒な手間がかかりませんし、使い込みをしにくいといったメリットも。

 

保険料といった名目で貯金する場合は、こども保険(学資保険)や低解約返戻金型の終身保険があります。保険料として毎月、決まった金額が口座から引かれて実質的に教育資金が積み立てられていきます。こうした保険は教育目的で始めるものですから、途中で解約するといったことも念頭にありません。ですから、頑張って貯めやすいものとなります。

 

教育資金として活用できる保険商品としては、子ども保険もしくは学資保険、低解約返戻金型の終身保険が一般的。ですが、商品によっては元本割れする場合もありますので、金利が上がる時期においては、長期固定金利の保険は最終的に有利といえないことも…。また、途中で解約すると不利になりますので、保険商品だけに頼るのではなく、積立と2本立てにするのがおすすめです。


教育費用の貯め方記事一覧

2013年の4月から...

消費税アップなどの影...