私立高校に入学するために必要な学費はどれくらいなのでしょうか?

MENU

早いうちから準備を

高校も公立で授業料は安く…と考えていたとしても、子どもの希望や将来への夢からも、必ずしも公立高校になるとは限りません。場合によっては私立高校を受ける事になるのですが、私立といえば授業料が高いことで有名。公立と比べてかかる費用に大きな差があることからも、親としては私立よりも公立…となるわけです。

 

もしも私立高校に進学したいといわれたら…その場合にかかる費用はどれくらいなのでしょうか?お金がかかることは間違いないのですから、早めに早めに準備したいもの。あればあるほど助かりますので、とりあえず子どもがまだ小さい頃からコツコツと貯めておくと、いざその時期になった時に慌てないですみます。

 

ちなみに、高校の授業料に対しての社会的な対応や見方というのは変わってきています。2010年度より高校授業料無償化制度が導入されたのは、まだ記憶に新しいところ。この高校授業料無償化制度によりさらに2014年度には所得制限が設けられ、低所得層向けに新しく作られた給付金制度がありますので、こちらについてもしっかりと確認しておきたいものです。


私立高校1年間にかかる一般的な金額

私立高校に通うとなると、1年あたりにどれくらいの費用がかかるのでしょうか?学校によって詳細な金額は異なりますが、大体、平均金額ぐらいは覚悟しておいたほうがいいのかもしれません。私立高校に通うための学習費用としては、年間100万はかかるといわれています。

 

100万という学習費用の内訳には、教育費だけでなく学校外活動費などが含まれるものとなります。教育費が70万ほどかかり、学校外活動費が30万ほどかかるものとなっています。給食についてはないところがほとんどですから、この分に関して学校側に支払うお金はほぼないでしょう。ただ、お弁当を作ってもたせたり、学校に併設されている食堂や購買などで買うなど…いずれにしろお昼代に対してなんらかの形でお金が出て行くものとなります。

 

また、学年によってもかかる費用が大きく変わってきます。一番にお金がかかるのが入学時の1年生です。入学金や用意しなければいけないものが多く、それに大きくお金がかかってしまうのです。大体、1年生で120万前後は覚悟しておいたほうがいいでしょう。2年生、3年生ともなると100万以下で事足りるようになります。

 

では、公立高校では1年間でどれくらいのお金がかかるものとなっているのでしょうか?一般的には、年間40万といわれており、教育費が25万ほどで学校外活動費などが15万ほどとなっています。2010年から導入された高校授業料無償化より、さらに安い費用で通えるものとなっています。そして、学年別では1年生で50万、2年生で40万、3年生で30万と、こちらも入学時に高くなっている傾向があります。とはいえ、私立高校に比べるとはるかに安く、費用も半分から3分の1程度で足りるものとなっています。


教育費と学校外活動費の内訳は?

私立高校では年間に100万前後のお金がかかるということ。では、その教育費や学校外活動費にはどんな項目があるのでしょうか?

 

私立学校教育費の項目としては、授業料、修学旅行・遠足・見学費、学校納付金等、図書・学用品・実習材料費等、教科外活動費、通学関係費…などがかかってきます。他にも細かいものをあわせるときりがありませんが、大きな項目としてはこれらになります。このなかでも大きなお金となるのが、授業料と学校納付金等です。両者とも20万〜30万と言った金額になります。

 

では、学校外活動費とは、一体どんな項目があるのでしょうか?これには、家庭内学習費、家庭教師、学習塾費、体験・地域活動、体験・地域活動、スポーツレクリエーション活動、教養・その他…などがあります。まさに学校の外での活動にかかる費用であり、場合によってはカットすることができるものもあります。学校外活動費の中でも特に注目なのが、家庭内学習費と家庭教師、学習塾費です。これらは、学校の授業の補佐的なものだけでなく、大学受験を見据えたものとして取り入れられています。


嬉しいサポート制度

大きなお金がかかる私立高校。公立高校と大きな差があります。これでは進学したくても難しいのでは…と心配してしまいますが、2010年度以降からは公立高校と同様に授業料への負担が軽減されてきています。公立高校の授業料を基準にして、所得に応じて1.5〜2.5倍の加算をおこなっているのです。

 

とはいえ、2014年度に導入された所得制限からも、両親の所得によって制限が設けられるようになったことも忘れてはいけません。例えば、夫婦と子ども2人の4人家族の場合では、世帯年収が910万円未満であえば適用されるのです。もちろん、夫婦共働きの場合は合算しての数字からみます。

 

さらに、同じ年から公立・私立問わずに適用される、低所得者層への給付型奨学金・高校生等奨学給付金もスタート。給付型奨学金なので返済不要として、とても助かる制度となっています。私立の方がお金がかかるので、この奨学金で給付される金額も公立高校よりも少し高めとなっています。

 

 

即日振込してくれるカードローンならアイフルがおすすめです!


更新履歴